企業情報

企業理念

企業理念

当社は、昭和20年に故林治平氏による個人商店として創業、昭和25年に大阪工具株式会社として設立されました。

創業時は一般切削工具を販売していましたが、昭和29年に住友電気工業株式会社の超硬切削工具「イゲタロイ」の特約店となって以来、超硬工具を主力販売商品とした事業展開により、顧客の生産性に寄与することで社会に貢献することを経営の基本理念として参りました。

特に消耗品である切削工具販売においては、数ある同業他社からは差別化した独自戦略を持って事業を継続してきた結果、着実な事業拡大が可能であったと考えております。
今日では、当社主力の取扱品である住友電気工業株式会社の商品のみならず、多くの欧米トップメーカーのトップ代理店や総代理店となっており、まだ知名度は低いが優れた商品を作る国内外のメーカーを発掘することも我々の重要な任務であると考え、国内総代理店として販売店やユーザーにその商品を紹介し、提供しております。

これらの商品の選定は、既存のメーカーとは異なる全く新しい考え方に基づく設計思想など優れた特長を有することを条件に発掘し、顧客へ提案し販売しています。

また、同時に切削工具を中心とした周辺器具、すなわちツーリングや測定器、冶工具なども、同様に専門メーカーを発掘し取扱い商品を拡充しております。
その販売方式も圧倒的な切削に関する知識、情報の蓄積、商品ラインナップといったこれら高度なノウハウを揃え、フェイス・トゥ・フェイスの対面販売とWEB受注システムによるインターネット販売という販売形態を通じて、今や他社を凌駕するほどの商品提案力や技術提案力を兼ね備えた高度な専門商社として受注活動をしております。

近年の物作りは海外移転の流れが顕著になっておりますが、当社は以前から中国やアセアンに現地法人や駐在員事務所を設立しており、国内で培った販売ノウハウで提案営業を推し進め、多くのお客様に喜ばれております。
そしてこの経験を基に、アジアを中心とした海外での事業展開を更に積極的に進めていこうと考えております。

今後は、当社の専門性を更に進め、商品力をより強化し、独自の技術サービス部門や開発部門を持ち、また販売面では顧客、販売店、メーカーとの関係強化に努め、顧客の生産性向上に貢献する高度専門商社たることを目指し、また延いては日本のものづくりに貢献することで社会に貢献して行きたいと考えております。

一方、当社の事業範囲は切削工具販売のみに限らず、新規の事業にも広げております。
但し、顧客の生産性向上に貢献する高度専門商社としての経営基本理念に基づいた形で、非切削分野である耐摩工具、光学製品、環境関連分野等へ事業の場を広げております。

お客様のニーズをいかに捉えられるか、お客様がご満足できる製品すなわちシーズをいかに開発できるかの視点に立ち、またそれらを提案できる能力を兼ね備えた人材の育成に力を注ぎ、当社の描く高度専門商社を目指す所存でございます。